イソフラボンとホルモンバランス

イソフラボンのすべて!効果・副作用がまるわかり

イソフラボンとホルモンバランス

スポンサードリンク

.

イソフラボンがホルモンバランスに関係するのはなぜ?

女性の体

イソフラボンに更年期障害の予防や改善、美肌効果があると言われるのは、ホルモンバランスを整える作用があるからです。それはイソフラボンがエストロゲンという女性ホルモンの一つと似たような働きをすると言われているのが理由です。女性ホルモンの一つであるエストロゲンは、加齢とともに減少していきます。女性ホルモンのエストロゲンの分泌は、10代から上昇し。30代の半ばころにピークを迎え、30代半ば過ぎからは下降していき、60歳を過ぎるとほとんどゼロになります。エストロゲンの減少はホルモンバランスを崩し、女性の体にさまざまな影響を与えます。そこでイソフラボンを摂取することで、女性ホルモンと似た働きをし、ホルモンバランスを整えるとされているのです。


ページのトップへ ▲

ホルモンバランスが乱れるとどうなる?

生理不順

更年期障害もホルモンバランスの乱れで起こる症状ですが、ホルモンバランスの乱れは女性の体にさまざまな変調をもたらします。例えば生理不順。大脳からの指示で2種類の女性ホルモンが交互に分泌されることで生理は起こります。これが何らかの原因でホルモンがうまく分泌されないと、ホルモンバランスが乱れ、生理周期にも乱れが生じます。生理不順は珍しいことではありませんが、放置しておくと不妊症などにもつながることがあります。また、ホルモンバランスの乱れは、排卵障害や卵巣の機能にトラブルを起こしてしまうことなどにもつながります。トラブルが大きいようであればホルモンバランスを整えるための治療が必要ですが、そうならないためにも、イソフラボンなどを利用してホルモンバランスを乱さなうようにしましょう。


ページのトップへ ▲

豆乳ダイエットとホルモンバランス

豆乳

ダイエットで生理不順になることがあります。それはホルモンバランスが乱れるからです。ホルモンバランスを乱さずにダイエットをする方法としては、イソフラボンを多く含む食材を取り入れた、栄養バランスのとれた食事をすること。そこでお勧めなのが豆乳ダイエット。豆乳にはイソフラボンを多く含む食品の代表です。豆乳バナナダイエットなどは、オリゴ糖も含まれていて、便秘も解消してくれます。食前に飲むことで、食べ過ぎを防ぐ効果もあると言われています。牛乳のかわりにコーヒーなどに入れても脂質を抑えることができます。イソフラボンを上手に摂取しながら、健康的なダイエットをしましょう。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| イソフラボン-ホーム | イソフラボンとは | 効果と効能 | ホルモンバランス | 1日の摂取量 | 美容 | 化粧品と特徴 | 豆乳イソフラボン化粧水 | 更年期障害 | お勧めサプリメント | 副作用 | 大豆イソフラボンの効能 | 食品 | バストアップ | 妊娠 | エストロゲン | カプサイシン | アグリコン型イソフラボン | レシチンの効果と効能 | レシチンの副作用 | 男性ホルモン |

Copyright (C) イソフラボンのすべて!効果・副作用がまるわかり All Rights Reserved.