大豆イソフラボンとバストアップ!胸が大きくなる?

イソフラボンのすべて!効果・副作用がまるわかり

大豆イソフラボンとバストアップ!胸が大きくなる?

スポンサードリンク

.

大豆イソフラボンが乳腺組織を刺激する

胸

大豆イソフラボンを摂取すると胸が大きくなると言われています。それは大豆イソフラボンが女性ホルモンと似た働きをすることで、乳腺組織が刺激されるからです。これはバストアップのしくみによるもの。女性ホルモンの働きにより、乳腺が発達して胸が大きくなります。妊娠すると胸が大きくなるのも、女性ホルモンが発達からです。それが加齢とともに、乳腺や乳腺脂肪体が徐々に衰えてくるので、胸のハリも失われていくのです。乳腺脂肪組織の構造は個人差があり、バストアップには乳腺の発達と乳腺脂肪体の量、そして女性ホルモンの分泌量が深く関係します。大豆イソフラボンは乳腺の発達と女性ホルモンの分泌量を促すと言われているので、大豆イソフラボンを摂取すると胸が大きくなるとされているのです。


ページのトップへ ▲

大豆のタンパク質が胸を大きくする?

バストアップ

大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た作用でバストアップにつながるとされていますが、大豆に含まれるたんぱく質もバストアップには重要な栄養素。タンパク質は血液や体をつくるために重要な成分で女性ホルモンの分泌を活発にし、胸を大きくしてくれます。バストアップには乳腺脂肪体も必要です。なぜならバストは約90%が乳腺脂肪体(皮下脂肪)で作られているからです。効率よく脂肪分を摂取するにはタンパク質が多く、脂身の少ないささみなどがお勧めですね。また、無理なダイエットをすると栄養不足になり、乳腺の発達を妨げバストアップにはつながりません。大豆イソフラボンをはじめ、タンパク質やビタミンなどの栄養素をバランスよく摂取することが胸を大きくすることにつながります。


ページのトップへ ▲

バストアップを妨げる要因

バストアップには女性ホルモンの分泌量が大切。エストロゲンの分泌量にも関係しますが、大切なのはエストロゲンとプロゲステロン、2つの女性ホルモンのバランスが保たれていることが正常に胸が大きくなることにつながります。女性ホルモンのバランスを乱すストレスや栄養の偏り、ダイエットのし過ぎなども女性ホルモンのバランを乱し、バストアップを妨げる要因になります。大豆イソフラボンを摂取するだけでなく、健康的な生活、バランスのとれた食生活をすることも胸を大きくすることにつながります。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| イソフラボン-ホーム | イソフラボンとは | 効果と効能 | ホルモンバランス | 1日の摂取量 | 美容 | 化粧品と特徴 | 豆乳イソフラボン化粧水 | 更年期障害 | お勧めサプリメント | 副作用 | 大豆イソフラボンの効能 | 食品 | バストアップ | 妊娠 | エストロゲン | カプサイシン | アグリコン型イソフラボン | レシチンの効果と効能 | レシチンの副作用 | 男性ホルモン |

Copyright (C) イソフラボンのすべて!効果・副作用がまるわかり All Rights Reserved.