大豆イソフラボンの効能

イソフラボンのすべて!効果・副作用がまるわかり

大豆イソフラボンの効能

スポンサードリンク

.

女性の美しさ、健康に対する効能

女性

大豆イソフラボンは女性ホルモンの一つであるエストロゲンと似た作用を持つことから、女性の美しさに対する効能を持ちます。女性らしい体つきや美肌をつくる効能がある大豆イソフラボンは、加齢とともに減少する女性ホルモンの代わりとして、シミやしわ、たるみ、弾力のある肌づくりに効果があると言われています。女性エストロゲンの低下によって発症する、更年期障害のさまざまな症状の緩和に対する効能もあると言われている大豆イソフラボン。その一つである骨粗鬆症に対する効能もあると言われています。


ページのトップへ ▲

大豆イソフラボンで生活習慣病予防

血圧

大豆イソフラボンは、血中コレステロール値や血圧を低くする効能があると言われています。さらに、大豆イソフラボンは肝臓の細胞の悪玉コレステロールの受容体をつくる遺伝子の機能を向上させるため、血液中の悪玉コレステロールが効率よく肝臓に取り込まれるので、その結果、悪玉コレステロールを減少させる効能もあると言われています。また、大豆イソフラボンには、血管の一番内側においてつくられる一酸化窒素を作らせる遺伝子の機能を高めるとされているのですが、この一酸化窒素は血管を広げ血栓を作られるのを防ぐ作用があります。これにより、大豆イソフラボンは血栓を作られるのを予防する効能もあるのではないか、と言われています。このような効能により、大豆イソフラボンは肥満や高血圧などの生活習慣病の予防に役立つと言われています。


ページのトップへ ▲

がん予防に効果がある大豆イソフラボン

乳がん

日本人の乳がん率が他の国に比べて低いのも、昔から大豆イソフラボンを含む食品を摂取していたからとされています。大豆イソフラボンには、細胞をがん化させる酵素の働きを抑えるという効能があると言われています。エストロゲン過剰はホルモン依存性のがんのリスクを高めると言われているのですが、大豆イソフラボンには、抗エストロゲン作用があるとされています。その働きによって、女性ホルモンの過剰分泌を抑え、乳がんや前立腺がん、大腸がんなどの予防に効果があると言われているのです。また、大豆に含まれるゲニステインは、がん細胞が広がるのを抑える作用があるとされています。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| イソフラボン-ホーム | イソフラボンとは | 効果と効能 | ホルモンバランス | 1日の摂取量 | 美容 | 化粧品と特徴 | 豆乳イソフラボン化粧水 | 更年期障害 | お勧めサプリメント | 副作用 | 大豆イソフラボンの効能 | 食品 | バストアップ | 妊娠 | エストロゲン | カプサイシン | アグリコン型イソフラボン | レシチンの効果と効能 | レシチンの副作用 | 男性ホルモン |

Copyright (C) イソフラボンのすべて!効果・副作用がまるわかり All Rights Reserved.