イソフラボンと男性ホルモン

イソフラボンのすべて!効果・副作用がまるわかり

イソフラボンと男性ホルモン

スポンサードリンク

.

男性ホルモンが原因のがんを予防

男性ホルモン

女性ホルモンと似た作用により、さまざまな効果が期待できると言われているイソフラボン。その効果は、男性ホルモンが原因の一つである前立腺がんの予防につながるとされています。前立腺がんは、男性ホルモンのアンドロゲンに依存するものです。研究によると、イソフラボンを豊富に含む大豆タンパク質が、前立腺の組織におけるアンドロゲン受容体の発現を抑制する、ということを発見したとされています。このイソフラボンの作用が、男性ホルモンが原因で起こる前立腺がんの予防になると考えられているのです。


ページのトップへ ▲

痛風を予防するイソフラボン

大豆

イソフラボンは痛風の予防にも効果があると言われています。グルメの病気、とも言われる痛風ですが、その原因の一つは尿酸です。痛風は圧倒的に男性に多い疾患で、女性はほとんどかからないと言われている病気ですが、それは女性ホルモンが尿酸を体内から排泄する機能を持つからです。また、男性ホルモンの分泌が低下すると、尿酸値も低下します。男性ホルモンが関係する痛風に、イソフラボンの働きが必要となるのです。ただし、大豆には尿酸を産生するプリン体も含まれ、痛風には大豆はよくないのでは?という説もあります。しかし、大豆にはそれを上回る栄養分が含まれているので、サプリメントなどの過剰摂取に注意すれば、心配ないと言われています。女性の体には閉経後、女性ホルモンが減少し、男性ホルモンはそのままです。すると女性も痛風になる可能性が高くなるので、注意しましょう。


ページのトップへ ▲

男性の更年期障害にイソフラボン

更年期障害

女性の更年期障害が女性ホルモンの減少が原因であるのと同じように、男性の更年期障害も男性ホルモンのテストステロンが減少することで起こるとされています。男性ホルモンは女性ホルモンとよく似た分子構造を持っています。更年期と言われる男性が女性ホルモンを摂取すると男性ホルモンの代わりをし、更年期障害の緩和につながると言われています。女性の更年期障害にイソフラボンがいいと言われるように、男性の更年期障害にも、イソフラボンが効くと言われているのです。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| イソフラボン-ホーム | イソフラボンとは | 効果と効能 | ホルモンバランス | 1日の摂取量 | 美容 | 化粧品と特徴 | 豆乳イソフラボン化粧水 | 更年期障害 | お勧めサプリメント | 副作用 | 大豆イソフラボンの効能 | 食品 | バストアップ | 妊娠 | エストロゲン | カプサイシン | アグリコン型イソフラボン | レシチンの効果と効能 | レシチンの副作用 | 男性ホルモン |

Copyright (C) イソフラボンのすべて!効果・副作用がまるわかり All Rights Reserved.