イソフラボンの副作用とは?

イソフラボンのすべて!効果・副作用がまるわかり

イソフラボンの副作用とは?

スポンサードリンク

.

過剰摂取はホルモンバランスを崩す?

副作用

通常、食べ物からイソフラボンを摂取する分には、副作用はないと言われています。しかし、サプリメントなどの過剰摂取をすると、ホルモンバランスに影響するという副作用が考えられるとされています。ホルモンバランスが崩れると月経周期が遅れたり、子宮内膜増殖症などのリスクが高まります。子宮内膜増殖症を起こすと、過多月経といって生理の量が多くなったり、生理に混じる内膜が異常に多くなったり、生理痛が悪化することもあります。出血が多くなると貧血や倦怠感などの症状を引き起こします。また、副作用を起こさないためにも、子宮筋腫などを持っている女性はイソフラボンの過剰摂取には注意することです。


ページのトップへ ▲

本当に副作用のリスクは低いの?

女性ホルモン

イソフラボンを含む大豆製品を日常的に摂取してきた日本人ですが、これまで健康被害や副作用などの報告はないとされています。考えられる副作用としては、女性ホルモンのバランスに関係するものがほとんどです。それはイソフラボンが女性ホルモンのエストロゲンと似た作用があるからですが、イソフラボンはエストロゲンを増やすわけではなく、あくまでも分子構造が似ているということで、エストロゲンの働きと似た働きをするということです。エストロゲンが過剰になると、さまざまな副作用が考えられますが、イソフラボンを摂取することでエストロゲンが過剰になる可能性はほとんどないとされています。逆を言えば、イソフラボンを含む豆腐などをたくさん食べたからといって、すぐに美肌になれるというわけではないかもしれません。


ページのトップへ ▲

大豆アレルギーの副作用には注意?

大豆

イソフラボンを多く含む大豆。大豆アレルギーは近年ではそれほど症例は多くないとされていますが、全くないとは言い切れない副作用です。大豆アレルギーの場合、唇や舌の先が腫れる、のどが痛くなる、咳が出る、体がかゆくなる、じんましんが出る、気分が悪くなる、嘔吐する、息苦しくなる、などといった症状が現れます。アレルギーが強く出るのは、おからやピーナツ、揚げ菓子で大豆油を使用したものなどです。イソフラボンを摂取する場合、大豆アレルギーが心配な人は副作用に注意しましょう。大豆アレルギーが心配な場合は検査をして確認すると安心ですね。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| イソフラボン-ホーム | イソフラボンとは | 効果と効能 | ホルモンバランス | 1日の摂取量 | 美容 | 化粧品と特徴 | 豆乳イソフラボン化粧水 | 更年期障害 | お勧めサプリメント | 副作用 | 大豆イソフラボンの効能 | 食品 | バストアップ | 妊娠 | エストロゲン | カプサイシン | アグリコン型イソフラボン | レシチンの効果と効能 | レシチンの副作用 | 男性ホルモン |

Copyright (C) イソフラボンのすべて!効果・副作用がまるわかり All Rights Reserved.