イソフラボンの効果と効能

イソフラボンのすべて!効果・副作用がまるわかり

イソフラボンの効果と効能

スポンサードリンク

.

美容に効果・効能のあるイソフラボン

美容

イソフラボンが美容に効果があると言われているのは、イソフラボンがエストロゲンと似た作用を持つとされていることが理由の一つです。エストロゲンが不足すると、コラーゲンやヒアルロン酸が減少し、肌の弾力が衰えハリやツヤがなくなります。新陳代謝も遅くなり、色素沈着やシミ、シワ、たるみができやすくなります。加齢とともに失われていくエストロゲンをイソフラボンで代用することで、肌のハリや弾力、美白、新陳代謝の正常化などの効果があるのではないか、と言われているのです。さらに、皮脂の分泌を抑える効能があると言われ、ニキビにも効果があると言われています。


ページのトップへ ▲

イソフラボンの更年期障害を緩和する効果

更年期障害

イソフラボンが更年期障害に効果があると言われているのは、よく知られている話ですね。更年期障害は女性ホルモンが不足することで引き起こされるものです。女性ホルモンと似た作用を持つとされるイソフラボンの効能は、更年期障害にも役立つと言われています。また、更年期障害の一つでもある、骨粗鬆症にも効果があると言われているイソフラボン。これは、イソフラボンの骨からカルシウムが溶け出すのを防ぎ、骨の密度を保つという効能があると言われているからです。牛乳などからカルシウムを摂取しても骨からカルシウムが溶け出しては、全く効果がありません。イソフラボンは、対内のカルシウムをコントロールする効能がある女性ホルモンと似た作用を持つので、骨密度が保たれるというわけです。


ページのトップへ ▲

生活習慣病にも効能があるイソフラボン

肥満

高血圧や高脂血症、糖尿病といった生活習慣病。これらの原因の一つは脂質の過剰摂取。脂質を摂りすぎると血液中のコレステロール値が高くなり、動脈硬化の原因にもなります。イソフラボンにはこの動脈硬化を防ぐ効能があると言われています。それは、イソフラボンに悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やすという効能があると言われているからです。イソフラボンは、血液中の悪玉コレステロールが減り、善玉コレステロールは増えることで、動脈硬化を防ぐだけでなく、高血圧や肥満などの生活習慣病の予防にも効果・効能があると言われています。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| イソフラボン-ホーム | イソフラボンとは | 効果と効能 | ホルモンバランス | 1日の摂取量 | 美容 | 化粧品と特徴 | 豆乳イソフラボン化粧水 | 更年期障害 | お勧めサプリメント | 副作用 | 大豆イソフラボンの効能 | 食品 | バストアップ | 妊娠 | エストロゲン | カプサイシン | アグリコン型イソフラボン | レシチンの効果と効能 | レシチンの副作用 | 男性ホルモン |

Copyright (C) イソフラボンのすべて!効果・副作用がまるわかり All Rights Reserved.