イソフラボンと更年期障害の関係

イソフラボンのすべて!効果・副作用がまるわかり

イソフラボンと更年期障害の関係

スポンサードリンク

.

イソフラボンが更年期障害に効くのはなぜ?

更年期障害

イソフラボンが更年期障害に効くと言われているのは、イソフラボンが女性ホルモンのエストロゲンと分子構造が似ていて、体内においてイソフラボンがエストロゲンと似た働きをするという関係があるからです。エストロゲンは女性の体に深く関係するもの。エストロゲンの分泌が不足するとホルモンバランスを崩し、さまざまな症状を引き起こします。更年期障害もエストロゲンと深い関係があり、エストロゲンの分泌が不足することで更年期障害のあらゆる症状が引き起こされるのです。このエストロゲンの役割を果たす効果があると言われているのがイソフラボンなのです。


ページのトップへ ▲

イソフラボンは更年期障害のどんな症状に効く?

肩こり

更年期障害の原因にはエストロゲンの減少が関係します。更年期に入ると卵巣の機能が低下しエストロゲンの分泌量が減少します。しかし脳からはホルモンの分泌を出す指令が出るのですが、視床下部がそれに応えられず混乱します。それが近くにある自律神経に関係し、自律神経失調症になり、更年期障害の症状である、のぼせ、ほてり、イライラ、発汗、ゆううつ感、不安感、頭痛、耳鳴り、食欲不振、全身倦怠感、肩こりなどが発症します。これらはエストロゲンの減少が関係しているので、その代わりの作用を持つとされるイソフラボンが有効と言われています。しかし、更年期障害の症状はそれだけが原因とは限りません。人格や生活の中での心配ごとや悩み、ストレスなども更年期障害の発症に関係してきます。イソフラボンを摂取するだけでなく、それらを改善していくことも必要です。


ページのトップへ ▲

更年期障害に必要な栄養素はイソフラボンだけ?

更年期障害に深く関係するエストロゲンの代用となるとされているイソフラボンは、大豆製品から摂取することができます。毎日の食卓に積極的に取り入れましょう。それでも不足しがちな場合は、イソフラボンのサプリメントもいろいろ出ています。サプリメントにはイソフラボンの他に更年期障害に関係する栄養素、αリノレン酸やEPA・DHA、食物繊維やく酸化物質などが配合されたものもたくさんあります。そのようなサプリメントを利用して、更年期障害を乗り越えましょう。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| イソフラボン-ホーム | イソフラボンとは | 効果と効能 | ホルモンバランス | 1日の摂取量 | 美容 | 化粧品と特徴 | 豆乳イソフラボン化粧水 | 更年期障害 | お勧めサプリメント | 副作用 | 大豆イソフラボンの効能 | 食品 | バストアップ | 妊娠 | エストロゲン | カプサイシン | アグリコン型イソフラボン | レシチンの効果と効能 | レシチンの副作用 | 男性ホルモン |

Copyright (C) イソフラボンのすべて!効果・副作用がまるわかり All Rights Reserved.