大豆イソフラボンと妊娠

イソフラボンのすべて!効果・副作用がまるわかり

大豆イソフラボンと妊娠

スポンサードリンク

.

大豆イソフラボンで妊娠しやすい体に

妊娠

妊娠は体の健康が大切です。妊娠できない大きな原因に、ホルモンバランスの乱れ、ホルモンの分泌が悪く卵子の成長を妨げていること、などがあげられます。女性ホルモンの一つであるエストロゲンがきちんと分泌されていることは妊娠の重要な要素です。加齢とともに分泌量が減っていくエストロゲン。その作用と似ている大豆ホルモンを摂取することは、エストロゲンの分泌を助けてくれるということ。また、大豆イソフラボンの大豆にはさまざまな栄養素がバランスよく含まれています。大豆イソフラボンの摂取は特に女性の体を健康にします。大豆イソフラボンを含む大豆食品を中心とした食事で、健康な体をつくることが、妊娠において大切なことです。


ページのトップへ ▲

妊娠したら大豆イソフラボンは危険?

妊娠中

食品安全委員会において妊娠中の大豆イソフラボンの過剰摂取は、胎児への生殖機能への影響などがあるという報告がなされたことがありました。大豆イソフラボンを含むフラボノイドには、トポソメラーゼU阻害作用があり、これが遺伝子の異常を生じさせる可能性があると考えられているからです。また、乳幼児の急性骨髄性白血病や急性リンパ性白血病は、妊娠中に摂取した大豆イソフラボンのフラボノイドに原因があるのではないか、とされています。このようなことが懸念されるので、妊娠中の大豆イソフラボンの過剰摂取には注意しなければならないと言われているのです。


ページのトップへ ▲

大豆イソフラボンは過剰摂取しなければOK?

食生活

そうはいっても、大豆イソフラボンを含む大豆加工食品は、妊娠中においても体に大切な栄養素を含む食品であることに違いはありません。食品安全委員会の注意も過剰摂取に注意するということで、通常の食事の中で大豆イソフラボンを摂取する分には、妊娠中であっても問題はないとされています。大豆などのタンパク質食品を控えると逆に栄養不足になって、別のかたちで胎児や母体に影響が出ることも考えられます。大豆イソフラボンのサプリメントなどの摂取については、医師と相談することが必要ですが、普段の食生活は大豆イソフラボンを含む大豆加工食品を含んだ、栄養バランスのよい食事をすることが必要です。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| イソフラボン-ホーム | イソフラボンとは | 効果と効能 | ホルモンバランス | 1日の摂取量 | 美容 | 化粧品と特徴 | 豆乳イソフラボン化粧水 | 更年期障害 | お勧めサプリメント | 副作用 | 大豆イソフラボンの効能 | 食品 | バストアップ | 妊娠 | エストロゲン | カプサイシン | アグリコン型イソフラボン | レシチンの効果と効能 | レシチンの副作用 | 男性ホルモン |

Copyright (C) イソフラボンのすべて!効果・副作用がまるわかり All Rights Reserved.