レシチンの効果と効能

イソフラボンのすべて!効果・副作用がまるわかり

レシチンの効果と効能

スポンサードリンク

.

動脈硬化予防の効果があるレシチン

血流

界面活性剤としての効果を持つレシチンは、油にも水にもなじむ性質なので、血管の内壁にこびりついたコレステロールを溶けやすくしたり、血液の中に混じって血流をよくする効果があると言われています。天然の乳化剤のような効能があると言われています。その効能は、血液をサラサラにする効果が期待でき、動脈硬化を防ぐことにつながります。動脈硬化に対する効果は高血圧や糖尿病、血栓症、心臓病、腎臓病などの疾患の予防にもなり、さらには冷え性や貧血、肩こりの改善効果も期待できると言われています。レシチンは、各細胞への栄養を運ぶ作用も持つので、人間が健康に生きていくための基本的な働きを持つ成分です。


ページのトップへ ▲

レシチンの美容効果とは?

アンチエイジング

血流をよくする効能があるレシチンは美容効果もあると言われています。新陳代謝が促進され、シミやシワの改善効果があると言われているレシチン。細胞を若返らせる効能があるので、アンチエイジングには重要な成分です。豆腐や豆乳が美容食品と言われるのは、これらの食品にレシチンが含まれているからです。さらに豆腐にはビタミンE、やビタミンB1、B2、ナイアシンなども含まれ、特に血行を良くするビタミンEはレシチンの中の不飽和脂肪酸の酸化を防止する効能があり、老化の原因になる過酸化脂質の合成を抑えてシミの予防をしてくれます。また、脂肪の代謝を促す効能があるレシチン。ダイエット効果も期待できますね。


ページのトップへ ▲

認知症の予防に対する効能

脳

脳の神経伝達物質であるアセチルコリンはコリンを原料として作られるのですが、この時、脳は多量のレシチンを必要とするとされています。アセチルコリンは脳細胞に直接作用し、記憶や認識機能、筋肉の動きなどをコントロールする作用に関わっているもの。脳にはアセチルコリンがとても重要なものです。レシチンはこのアセチルコリンにとって不可欠なもので、レシチンにはアルツハイマー型症認知症の予防に対する効能があると言われています。また。レシチンには質の良い睡眠をとらせる効果があると言われ、自律神経や副交感神経を活発にする効能があり、精神をリラックスさせる効能もあると言われています。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| イソフラボン-ホーム | イソフラボンとは | 効果と効能 | ホルモンバランス | 1日の摂取量 | 美容 | 化粧品と特徴 | 豆乳イソフラボン化粧水 | 更年期障害 | お勧めサプリメント | 副作用 | 大豆イソフラボンの効能 | 食品 | バストアップ | 妊娠 | エストロゲン | カプサイシン | アグリコン型イソフラボン | レシチンの効果と効能 | レシチンの副作用 | 男性ホルモン |

Copyright (C) イソフラボンのすべて!効果・副作用がまるわかり All Rights Reserved.