エストロゲンとイソフラボンの違い

イソフラボンのすべて!効果・副作用がまるわかり

エストロゲンとイソフラボンの違い

スポンサードリンク

.

イソフラボンはエストロゲンにはなれない?

美肌づくり

イソフラボンが美肌づくりや更年期障害などの改善に役立つと言われるのは、エストロゲンと似た作用を持つと言われているからです。しかし、イソフラボンとエストロゲンは違います。イソフラボンを含む豆腐や納豆を毎日たくさん食べたからといって、肌が白くなったり、シミが消えたりするという過大な期待をするのは間違いです。イソフラボンは、更年期障害などに使用される女性ホルモン療法のエストロゲンとは違い、強い作用があるわけでもありません。あくまでも、エストロゲンと似た作用をする可能性がある成分でエストロゲンとは違うのです。イソフラボンは健康な体づくりには大切な成分ですが、エストロゲンを増やしたりするものではありません。女性の体に大切なエストロゲンはそう簡単に増やしたり、減らしたりできるものではないのです。


ページのトップへ ▲

エストロゲンを正常に分泌するには?

薬

一生にうちにスプーン2杯程度しか分泌されないと言われているホルモン。女性ホルモンのエストロゲンを薬などで増やすことで、美肌を保つ方法などもあると言われています。しかし、これは間違いとは言わないまでも、注意しなければならないのは、エストロゲンを補充すると、体はエストロゲンの分泌を抑えようとする機能が作用します。すると必要な時にエストロゲンの分泌ができなくなってしまうことがあるのです。疾患や更年期障害の治療法として女性ホルモン療法などが必要になる場合がありますが、それ以外でむやみにエストロゲンを補充するのは体にとっていい影響を与えるばかりではない、ということを覚えておきましょう。


ページのトップへ ▲

イソフラボンを上手に利用する

大豆

エストロゲンとイソフラボンの違いを認識するのは必要ですが、エストロゲンのような効果が期待できないのなら、イソフラボンの摂取には意味がないのでは?と考えるのは間違いです。エストロゲンとイソフラボンは違いますが、イソフラボンを含む大豆は、畑のお肉と言われるように、タンパク質やビタミンB1、ビタミンE、カルシウムや鉄など健康や美肌に大切な栄養がたくさん詰まった食品です。さらに生活習慣病の予防にもなると言われている大豆。イソフラボンを豊富に含む大豆や大豆加工食品を食べていることが、長生きの秘訣、という声もあります。健康のためにはイソフラボンを含む食品の摂取はとても大切です。健康であれば、女性ホルモンの分泌も正常に行われ、ホルモン健康と美容のために重要ということですね。


ページのトップへ ▲

スポンサードリンク

| イソフラボン-ホーム | イソフラボンとは | 効果と効能 | ホルモンバランス | 1日の摂取量 | 美容 | 化粧品と特徴 | 豆乳イソフラボン化粧水 | 更年期障害 | お勧めサプリメント | 副作用 | 大豆イソフラボンの効能 | 食品 | バストアップ | 妊娠 | エストロゲン | カプサイシン | アグリコン型イソフラボン | レシチンの効果と効能 | レシチンの副作用 | 男性ホルモン |

Copyright (C) イソフラボンのすべて!効果・副作用がまるわかり All Rights Reserved.